とあるプログラマーの覚書

WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策

私は、このブログも含め、いくつかのブログを運営しております。
それらのブログは、全て有料のレンタルサーバーを借りて、「WordPress」にて構築しています。

WordPressは定期的にアップデートされまして、機能追加やセキュリティ対策等が講じられています。
毎回ではないですが、私は気が向いたときにWordPressを最新バージョンに更新しています。

初めてWordPressをアップデートしたときは、それこそデータが吹っ飛ばないかドキドキしながら更新したのを覚えています。
過去一度だけ、アップデート途中でエラーになった事があったのですが、それは、どうもサーバの処理能力が遅くて発生した感じでした。
その頃使ってたレンタルサーバーから色々と性能の高い今のレンタルサーバーに変えてからは、特に問題が出てません。
という感じで、今ではアップデートするとき、特にバックアップも何もせずに気楽に更新ボタンをポチッと押してます(笑)

そんな中、事件が起こりました。
WordPressの3.4.1がリリースされていたのは前々から気付いていたのですが、まだいいかなぁと思ってバージョン3.3.2のまま利用していました。
そんな昨日、ちょっと仕事が空いてしまったので、WordPressの更新でもしておくか~みたいな感覚で、3.4.1への更新を行いました。
すると、以下のような見慣れない画面が。
WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策 1
今までのバージョン更新では、こんな画面が出た記憶がありませんでしたので、「何?」と思いましたが、、、
「WordPressデータベースを更新」ボタンを押すしか、取れるアクションも無いので特に気にせずにボタンをポチッと押しました。
すると、今度は以下のような画面が…。
WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策 2
何もメッセージもなく、ただWordPressのロゴ画像が表示されています。
先程の画面で、「更新処理には少し時間がかかるかもしれません。しばらくお待ちください。」と表示されていたので、ちょっと待っとくか…と思って静観していましたが、一向に動く気配がありません…。
しびれを切らした私は、そこでブラウザを閉じ、もう一度ログイン画面へ行きました。
すると、まあ普通にログイン画面は表示されたので、「ん?なんだ、壊れてはないのか!」と思って、夢見てたのかなと思い、ログインすると、、、
WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策 1
また同じ画面か…。ボタンを押すと案の定、、、
WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策 2
おいおい、どうすりゃいいんだ!!
と思って、「WordPress 3.4 データベース 更新 エラー」でググったら、以下のページに行きつきました。
WordPress 3.4に更新したら、管理画面に入れなくなったでござる
このページに記載されているような手順を踏んだら無事復旧!ありがとうございます!

以下に、簡単に原因と対策方法を記載します。
今回のエラーは、「DB Cache Reloaded Fix」というプラグインを利用している場合に発生するようです。
このプラグインは、ページの読み込み速度を速める為に、サイト閲覧者からの閲覧時に、直接データベースからデータを得てページを表示させずに、サーバ内にHTMLのキャッシュを貯めておき、そのHTMLをレスポンスで返してくれるというプラグインです。
最近は、SEO対策の一貫として、ページの読み込み速度を少しでも速めた方がいいという事から、このプラグインを使っている方は、おそらく大勢おられるかと思います。

それでは対策方法です。
1.WordPressを更新して、「WordPressデータベースを更新」というボタンが表示されている画面を表示させます。

2.以下のデータをローカルにでも退避させます。
・/wp-content/db.php
・/wp-content/plugins/db-cache-reloaded-fix

3.ローカルに退避させた後、サーバ上の上記のファイルとフォルダを削除します。

4.手順1の画面で、「WordPressデータベースを更新」ボタンを押します。

5.するとすぐに以下の画面が表示されて、、、
WordPress編:ワードプレス3.4.1へアップデートした後のデータベース更新時のエラー対策 4
めでたく更新はOKです。

6.手順2でバックアップしていたデータを、そのまま元の位置にアップロードします。

7.更新があるプラグインがある場合は更新しておきましょう。
特に、「DB Cache Reloaded Fix」が古いままだと、次のログイン時に、ダッシュボードが表示されずに画面が真っ白になってしまうという現象になってしまいました。
もし、そのような状態になった場合は、もう一度、手順2と3で削除したデータを同じように退避と削除を行い、その後、もう一度ログイン画面からログインすると普通にダッシュボードが表示されますので、その状態で、退避させたファイルを元に戻した後、プラグインの更新をすると復旧しました。

WordPressのアップデートでエラーになった場合は、とにかく焦らずにインターネット上で情報を探しましょう。
私は、いくつかのブログを持っていますが、どちらかというと不要なブログから先に更新をするようにしてます。
理由は、何かトラブルが発生しないかの毒見役となってもらう為です(笑)

皆さんも、もし一つしかWordPressを運用されていないのであれば、バージョンアップ時の実験用として、もう一つWordPressのブログを建てておくのもアリかもしれません。

それでは今回は以上です。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

*

Return Top