とあるプログラマーの覚書

ツール編:PNG画像のサイズを小さくしてくれるWEBサービス「TinyPNG」

スポンサーリンク

WEBサイトやブログを運営されている方で、ホームページや記事を作成する際、画像を使う場合は多いかと思います。
色んな形式の画像がありますが、例えば、JPEG,GIF,PNG等がありますね。

私は、Androidアプリのレビューブログを運営しているのですが、Android端末とPCとを接続して、Android端末側のスクリーンショットを取得して、そのスクリーンショットをブログに使うという事をよくします。
そのスクリーンショットの画像は、「PNG」です。

Android端末とPCをつないで取得したPNGは、画像サイズ(ピクセル)が大きい為、私はペイントツール等で半分に縮尺します。
さらに、「PNGGauntlet」というツールを使って、さらに画像の容量サイズを縮小して使っていました。

しかし、このソフト、起動の動作が若干重たくて、立ち上がるのが遅いんですよね。
それはいいのですが、データは2割程度削減してくれるぐらいで劇的な圧縮はされません。データによりますが。

というわけで、もっと良いソフトは無いのかと探していたところ、以下のWEBサービスを見つけました。
TinyPNG
ブラウザから、上記のWEBサイトにアクセスすると、以下のような画面になります。

使い方はめちゃくちゃ簡単です。
上記の画面の「Drop your .png files here!」というところに、サイズ縮小したいPNGファイルをドラッグドロップするだけです。
複数ファイルでもOKです。
すると、データのアップロード、圧縮が始まり、完了すると、以下のような画面に切り替わります。

あとは、それぞれの画像の右側の「download」というリンクをクリックすれば、圧縮後のPNGファイルをゲットできます。
データにもよりますが、圧縮率は少なくとも半分以上のサイズダウンをしてくれます。中には8割以上も削減してくれる場合もあります。

ある程度は複数ファイルを同時にアップロード、圧縮してくれますが、ある程度の制限があるみたいで、あまりにファイル数が多かったり、容量が大きすぎるとエラーになる場合がありました。その場合は、変換するファイルを少なくするなどして再実行してみてください。

このWEBサービスは、対応しているブラウザとそうでないブラウザがあるようです。
以下、IE9からアクセスした場合ですが、以下のようなエラーメッセージが表示されます。

対応ブラウザは、Google Chrome7以上、FireFox4以上、Safari5以上、IE10以上らしいです。

WEBサイトのSEO対策として、アクセス速度のアップも一つの要素となってきていますが、PNG画像をお使いで、尚且つ画質に拘っているわけではないのでしたら、このサイトを使ってPNG画像を圧縮する事をお勧めします。

なお、このサービスはWEBサービスなので、個人ブログで使う画像とかであればOKでしょうが、機密情報的な情報が含まれる画像であれば使わない方がよいと思います。


スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)

*

*

Return Top